コンセプト サロンメニュー セラピスト 予約のご案内 メディアによる紹介 オンラインショッピング アクセス

主宰ご挨拶

プロフィール
著書
提携先リンク一覧

掲載雑誌の紹介



HOME > 院長ご挨拶



 私は26歳の時にバスに轢かれるという事故に遭いました。車に乗り込もうとした時によそ見運転をしていたバスに轢かれてしまい、自分の体が車にめり込むほどの大事故でした。幸い骨には異常がなかったものの激しい腰痛に悩まされる日々が続きました。しかし、レントゲンで診ても骨に異常がないということで腰の痛みをとる治療法がなく、痛み止めや湿布で一時的な対処療法はありましたが、根本を治療できるような方法がなかったのでこれは自分で何とかしなければと思うようになりました。ヨガを始め、インドへ渡り本格的な修行を積み、自分の体を自分で治す方法を体得しました。また、日蓮宗の僧侶で血液循環療法士だった祖父の影響を受け、治療師を志すことを決意しました。「けがの功名」と言うべきかあの時交通事故に遭っていなければ今の私は治療師になっていなかったと思います。

 治療師になって34年で約8万人以上の方を診てきた経験から様々な発見がありました。生活環境が変わり、患者さんが訴える症状も昔に比べて随分と複雑になってきました。それと共に様々な治療法も増えています。西洋医学は目まぐるしい発展を遂げ、東洋医学も古くから伝わる療法を現代にうまく生かしています。これからは両者の良いところがお互いを補い、複雑な病気や症状を治療していくことの必要性をつくづく感じています。同じ顔の人間がいないように、腰痛一つをとっても皆同じ病名・症状とは限りません。病気を診るのではなく、患者さん一人一人の状態を見極め、その人に最も合った療法を組み合わせ、「治癒」に向かっていく方法を提供できることが治療師として、専門家として最も大切なことであると思っています。

 筋膜マッサージを考案してから今日まで毎日毎日沢山の出逢いがあります。家族の付き添いがなければ来院できない状態だった人が一人で来院できるようになり、やがては大手を振って元気に走って帰るようになる。一人の患者さまが段々と元気な姿に変化していく様子を見られることは私の喜びです。事故に遭ったことがきっかけで治療師を志し、アイダ・ロルフ女史の影響を受け、研究を重ねた結果得られた自分独自の「筋膜マッサージ理論」は私にとって掛け替えのない「天職」と「喜び」を与えてくれました。これから先、私にできることがある限り更に研究を続け、心ある弟子を育て、自分自身も治療師としての学びを続けていきたいと思います。

一人で悩み苦しむのであれば是非、ご相談ください。
スタッフ一同お待ちしております。

磯ア 文雄


磯崎文雄(いそざきふみお)

筋膜研究家
I.P.F研究所(磯崎健康研究所)主宰
ainamana(アイナマナ)代表
筋膜マッサージ・ビューティー筋膜マッサージ創始者
磯ア式健康体操創始者
ヨーガ研究・指導家
日本手技療法学会会員
全日本鍼灸マッサージ師会会員

■1951年■ 神奈川県生まれ。日蓮宗の僧侶で血液循環指圧療法師でもあった祖父・田中海秀の影響を受け、指圧・整体術などを学ぶ。その後、湘南鍼灸マッサージ学校(現在の湘南医療福祉専門学校)を卒業。
■1972年■ ブラジルへ渡り、以来仕事のかたわら空手道沖縄小林流拳士会マネージャーをつとめる。1977年帰国。
■1978年■ 磯崎式健康体操を考案、体操教室を始める。
【全国56支部 約1500人の生徒】
■1979年■ インドへ渡り、ヨーガの修行を積み、健康に対する哲学を得る。
■1980年■ アメリカ合衆国で、筋膜研究家のアイダ・ロルフ氏の影響を受け研究を始める。
■1982年■ バックストレッチャー(逆さぶら下がり健康器)を考案、特許を取り21世紀の健康法(脳のやすらぎ)として、さらに研究を続けている。
■1982年■ I .P.F研究所(磯崎健康研究所)を設立。
■1996年■ 台湾および中国を訪れ東洋医学の研究を続けた結果、独自の健康法と筋膜マッサージ法を確立。
■2001年■ サウンドヒーリング療法を取り入れ、現代病に対しての有効性を確信して研究を始める。
■2003年■ ainamana設立。ヘッドプッシュマッサー(理容・美容用頭部筋膜マッサージ器具)を考案し、ビューティー筋膜マッサージで使用することにより新しい療法を導入。さらに研究を続けている。
■2006年■ サウンドヒーリング協会理事就任(2009年退任)
■2008年■ 安心グッズ『ゆびまくら』を考案。不安や恐怖感からくる心と体の緊張を和らげ安心感をもたらす画期的なグッズとして病院や歯科、一般家庭にて使用されています。
 

 現在、筋膜理論の研究をホリスティック医学の一環として続けるかたわら独自の健康法と筋膜マッサージ法を確立。28年間で8万人以上の治療を行う。その的確な施術と即効性のある治療法は一般のみならずアーティストやアスリートに広く信頼されている。スポーツの分野ではプロ・アマを問わずダンス・野球・サッカー・テニス・競輪の関係者においては特に信奉者が多い。

 美容・エステ界においてはビューティー筋膜マッサージを考案し、美容部門「ainamana」を設立。アイナマナ独自のフェイシャルケアはビューティーインナートリートメントをコンセプトとし、頭部や顔への血流を改善するヘッドマッサージや咀嚼筋マッサージを加えて、「顔のゆがみ」「たるみ」などの改善効果は一般のお客様から女優まで多くのお客様からの支持を得ている。また、咀嚼筋マッサージの歯科医院での評価は高く、口腔ビューティーとして審美歯科治療の一環として期待されている。これは20年以上も歯科医師との協力で咀嚼筋マッサージの研究を重ねた結果であり、今後は歯科衛生士への教育を目指す。


「肩こり・腰痛・膝痛がたちまち消える! 筋膜リセット」
磯崎文雄 青春出版社 1,350円

日本人の多くが悩んでいると言われる肩こり・腰痛・膝の痛み 日本での筋膜マッサージの第一人者として、これまでに8万人以上の体の痛みを ケアし続けてきた著者は多くの体の痛みやコリの原因は患部の筋肉にあるのではなく、 筋肉を包んでいる「筋膜」にあることが多いといいます。
「第二の骨格」といわれる筋膜は、私たちの体の各組織をぴったりと包み込みながら、 筋肉と筋肉をスムーズに動かす役割をする大切なもの。この筋膜のねじれや歪みを とることが、体の痛みやコリを消すためには重要なのです。
本書では、約30年以上にわたり筋膜マッサージを研究してきた著者が考案した 「筋膜マッサージ」を紹介します。

⇒amazonで購入する
⇒楽天ブックスで購入する


「筋膜マッサージでつらい腰痛が消えた!」

磯崎文雄 青春出版社 1,280円

腰痛が治らないのは、「腰」ばかりをケアしているから。本当の痛みの元は「お尻」にあったのです!
体の中に張り巡らされている筋膜は、第二の骨格とも呼ばれ、筋肉や骨を包み込み、私たちの体を形作っています。
ですが、さまざまな原因でお尻の筋膜に歪みや癒着が生じると、それがコリやしびれ、痛みとなり、次第に腰痛につながります。
そこで、通常のマッサージではケアできないお尻の筋膜を独自の方法でマッサージすることで腰痛を解消する方法をご紹介しています。


「咀嚼筋マッサージ」

磯崎文雄 実業之日本社 1,260円
ハリウッドセレブの間でも話題のお口のマッサージの方法を詳しく解説☆

これまでの口の中マッサージ・小顔マッサージ・リフトアップマッサージなどと言われているマッサージの多くは、表情筋にアプローチするものでした。しかし表情筋だけで思うような効果がでなかったならば、咀嚼筋のコリが医療的・美容的に多くのトラブルの原因となっています。
本の中では正しい咀嚼がもたらす効果と、自分で簡単にできるマッサージ法を詳しく紹介しています。これからは、歯のケアだけでなく、筋肉からケアする「口腔ビューティ」が常識!!
日本初の咀嚼筋マッサージをどうぞお試しください♪



過去の書籍

『自分で肌を若返らせる!米国式筋膜マッサージ』 2004年 たちばな出版
『自分でできる筋膜マッサージ』 1996年 日本文芸社刊
『私の健康法』 1989年 I .P.F研究所刊
『痛み・コリ・シビレをとる本』 1986年 白鳳社刊
『らくらく姿勢健康体操』 1984年 健友館刊
『若返りヨーガ健康体操』 1983年 健友館刊
(注)これらの書籍は、現在発行しておりません、ご了承ください。



サイトマップ HOME 院長ご挨拶 認定サロン/スクール リンク 求人情報